X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

本邦初公開!!ソーピングビフォーアフター衝撃画像

2015
05

こんばんは!

今日は、ドライソーピングによって繊維がどのように変化しているかについてご説明したいと思います。

下の写真はソーピング前の繊維の200倍拡大画像です。

電子顕微鏡による拡大ですが、生地の精錬行程で十分に処理されていないのか、それともポリウレタンだけが染まり切っていないのか、色粉の一部と特定の繊維が紫色に見えています。

この商品はグレー色の商品ですのでグレー色を出すためにこれだけ複数の色が使われているのがわかります。
k14122605.jpg

これをソーピングすると余分な染料が石油系溶剤によって洗い流されていきます。

k14122602.jpg

ここまで来ると色が出ることはなくなります。

百聞は一見に如かず

最初の写真の状態では、ドライ溶剤は紫色に染まってしまいます。

そして、ソーピング後の状態の時にはドライ溶剤は透明のままでいることができるのです。

どうですか?

化学繊維を科学してみました!
関連記事
スポンサーサイト

 色止め ソーピング 電子顕微鏡 繊維 染料 ドライクリーニング