X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

実物!恐るべし、検針機を通る針

2013
30
 こんばんは!

 以前に、検機を通過してしまうというものがあるので、本当にそうなのか?を検証して欲しいという依頼を受けた事があります。

 5本ののうち、数本が確かに検機を通過してしまいました。

 基本的に、一般の検機であれば、鉄分だけにしか反応しないわけですから、このを成分分析に出してみました。

 その結果、錫(すず)や、銅、亜鉛、等で構成されておりその中に微量の鉄分が含まれているという事でした。

 針の生産工程の中で、本当は鉄分がしっかり配合されているのに、完全に炉の中で撹拌されないと、それぞれの針の成分にバラつきが出て鉄分を全く含んでない針が、この検針機を通過してしまったと考えられます。

 最初から、鉄だけで製造すればよさそうなものですが、何か事情でもあるんでしょうか?コスト面とか・・・

 こんな針は、もちろん日本製ではないでしょうが、金属であればどんな針でも、どんな異物でもX線検針機で、しっかりと検査する事が出来ます。

 X線検針は、PIJにお任せください!!

という記事を約二年前に書いていますが、あれから月日が流れブログに写真等アップできるようになったので、その実物をここでお披露目したいと思います。
検針機をスルーする針


その昔、買ってきたお父さんのYシャツの第一ボタンとカフスの所を開かない様に抑えるために使っていたのがこの針だったと思いますが、こんな時代ものが突如として現れたりするんですね~

やれやれ、油断も隙もありゃしない

みなさん!!こんな針を見かけたら要注意ですぞ~

ではでは

 
関連記事
スポンサーサイト

  検針器