気学 九星方位学

PIJ-INC

-
 こんばんは!

 今日は、検品、補修、シミ抜き等の格上げ作業とタタミ袋入れで終始しました。

 実は、私は9年前にある先生に就いて[ 気学 九星方位学 ]というものを学びました。以来、ずっと独学で研究を続けてきました。お正月なので、今年の世相を占ってみたいと思います。気学では一ヵ年は立春から始まって節分で終わります。

 今年(2月4日以降来年の2月3日まで)は、七赤金星中宮年と言います。この中宮という所に移動してくる星は毎年変わります。因みに去年は、八白土星が中宮でした。(今年の、2月3日まで)

 七赤金星というのは、金銭や飲食に関わる星で、それが中宮に入るという事は、他の八つの星に囲まれ八方塞がりの状態になるので景気は閉塞状態、おまけに七赤中宮の年には、殺傷事件などが多いのです。特に今年の3月と12月は何か事件が起こるかもしれません。お~怖っ

 そして、この年は西と東はすべての人にとって大凶方位となりますので、旅行などで遠出をする方は自宅から方位を考えて旅行先を決めた方がいいかと思います。西は特に凶神が重なっているのでできれば避けたいものです。

 株式市場などでは、卯年は株価が跳ね上がる年だと期待されている様ですが、七赤中宮の卯年というのは、36年に一度来る通常とは違う卯年なのです。よっぽど卯さんが頑張らないと景気の回復は難しいかと思います。

 まっ、私だってこんな暗い占いなんて外れてくれればいいと思っています。もし景気が回復しなくても、今まで通り、下りのエスカレーターを登って2階に行く位の馬力で頑張らなくては
 
0022.jpg



X線検査・検針・検品・衣料品補修・アイロンプレス・流通加工
アパレル関連のお仕事なら都内に位置して便利なPIJにお任せください



関連記事
スポンサーサイト