FC2ブログ

そんなこと言っちゃイヤ!

PIJ-INC

-
FROM:飯田雅章
篠崎本社より

繊維製品の機能性について消費者に対して紛らわしかったり価値があるように見せかけるような行為は、不当景品類及び不当表示防止法違反になる。

たとえば、
抜群の吸水性・速乾性
世界一優れた吸汗速乾性

すべての臭いに対応します
全ての菌の増殖を抑制

肌のカサカサを解消する

縮みません

ストレスを解消する

静電気をシャットアウト

雨を通しません

などなど・・・

これらは、繊維製品品質管理士の受験のための講習会で使用されたものだが、日頃からこうしたことを訓練していないと忙しさにかまけて見落としたり、解釈を間違ったりする。

一つだけ覚えておけばいい。

繊維製品には、100%の作用や、治療効果、治癒力は存在しないと。

すばやく発散するし、汗臭だけなら消せるし、繊維上の菌の増殖を抑制できるし、水分を保つことが出来るし、静電気を低減できるし、撥水性と言うならいいのである。

限定した上さらに断言できないのが繊維製品の現状なんです。
関連記事
スポンサーサイト
Posted byPIJ-INC