国内縫製の復興

PIJ-INC

-
FROM:飯田雅章
篠崎本社より

スマホを新調した。

i phone10には出きなかった。
なにやら、使い方が難しいと聞いたから。

若ければ、そんなことはものともせず新しい機能を楽しむのだろうが、どうやら保守的になっているみたいだ。

保守的といえば、このごろ、縫製会社の社長たちと話しをしていると、保守的だった社長たちがなかなかの強気の姿勢に変わってきている。

ひところの仕事が少ない時期と比べて、結構仕事量が増えているみたい。

仕事を選んでいる余裕すら感じられる。

各アパレル会社の海外生産シフトと長引いた不景気や後継者不足が原因で劇的に国内縫製業者が減ってきたから、結果、需要と供給のバランスが逆転し始めているのではないか。

あるいは、まだ資金的な余力があるうちに他業種に参入して縫製業よりも安定した収益を上げているような人も見かける。

こういう人は、なおさら強気だ。

家内工業としての古き良き縫製業は、淘汰され洗礼されて鍛えられて形を変えつつある様に思える。



関連記事
スポンサーサイト
Posted byPIJ-INC