FC2ブログ

色止めと輸入業者のアウトソーシング急増中

PIJ-INC

-

FROM飯田雅章

自宅より


今年は、色止めと個人の輸入業者の物流アウトソーシングのお問い合わせに明け暮れる一年でした。


色止めに関しては、やはり中国の広州で仕入れた生地によるところが多く同じような生地の色止めが数社から依頼が来るようなことも・・・


ポリエステル100%ならほぼ間違いなく色止めできるけれど、レーヨンやらコットンやらとなると少々手こずる場面もあり試行錯誤の結果なんとか合格ラインに滑り込むこともしばしば。


耐光堅牢度向上の案件は、お客様に事前の説明をしているうちに言い訳がましい口調になりそのまま話が立ち消えになることもありました。


数十万円のコートの色止めのご依頼では、縫い付けてあるファーを縫い外すところから始めなければならず、縫製班と色止め班の共同作業でなんとか乗り切りました。


個人でアパレル商品の輸入をして、プラットホームで運営している方々からは、月商額が増えてきたことで自分で発送するのがもう無理!ということで発送業務をアウトソーシングしたいという問い合わせも多数いただきました。


ある程度の規模になってくると月に数百件も自分の自宅から発送するには限界がある。


WEB上での無店舗販売だからアウトソースすることにお金がかけられる。


そして実は何より不良品の多さに手をこまねいている方々が多いのです。


だからうちのように不良品をお直しできて店舗発送することができるところを求めているようです。


因みに個人で輸入しているものの不良品はすごく多いそうです。


もう少しデータがそろったら統計を取って正確な%を出したいと思っています。


そんなこんなで今年の継続的なお付き合いを頂くようになった新規のお客様は6社、一見様は50社を超えます。


来年もお客様の問題解決に真摯に取り組みたいと思います。





関連記事
スポンサーサイト
Posted byPIJ-INC