X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

時間の使い方

2017
29

clock_0500.png


お疲れ様です。飯田美奈子です。


あなたも、こんな疑問持ったことはないですか?

「時間の使い方がうまい人と下手な人の違いは何なんだろう??」

時間の使い方のコツ、というとあなたはどんなことを思い浮かべますか?

☆優先順位をつけること

2:82を優先する(パレートの法則)

☆緊急度と重要度に、分けて考える

などなど色々なものが出てくると思います。

でも、なんだか毎日仕事が回らないし、どんどん新しい仕事や依頼が降ってくるやばいやばい、、と思いながらも、目の前の仕事を終わらせようと必死になっているうちに、あっという間に1日が終わる。

「やっぱり、忙しすぎたんじゃない?」

「しょうがなかったよね、新しい仕事もたくさんあったしさ

ついつい、そんな言い訳まで考え始め てしまっているのでは???

優先順位とかも色々あるけど そもそも、たくさんの仕事を回そうと思ったら、最初に全部仕事の棚卸をしないことには始まらない

 「どうやったら、仕事をうまく回せるか?」と目先の事を考えて必死になるあまり、「そもそも、今どのくらいのことを、しっかりやり遂げないといけないのか?」という仕事の全体像が、まったく見えていない場合が多々あるのです!

 仕事の全体像が見えていないのに、目先のことだけ見ていても、正しい優先順位をつけられるはずがありません。

だかうまく仕事がまわっていない

時間をうまくコントロールできず残業ばかり

でも、優先順位を聞けばわかっている風だし、別にサボっている感じでもない。でも何だか仕事のスピードが遅く感じる 

もし、そんな仲間が近くにいたら、とにかくこう伝えてあげてください!

「今すぐ、やらなきゃいけないことを全部棚卸すること!!!」

その後で、その人のもつ「目標」と照らし合わせて、

どういう優先順位で進めればいいか?

守るべき納期に合わせて、どう他の人の力をうまく借りれるか?(連携、協力)

効率よい進め方が他にないか?

端折(はしょ)れることはないか?(余計な動きをしていないか?)

を考えると、必ず効率よく目標に向けて「時間を使う」方法が見つかるはずです!

時間の使い方が上手い人は、自分のもっている仕事を把握し、自らコントロールしています。優先順位や人の使い方云々、の前に、「頭の中で、しっかりと仕事の棚卸」ができているからこそ、明確な優先順位をつけることができ、必要な納期で、必要なことを実行することが出来るんですよね。エクセルや手帳やホワイトボードに書きだして、「仕事の棚卸がいつもできている」状態を当たり前にすべく、トレーニングしていきましょう!

それでは(^-^)/

関連記事
スポンサーサイト

 専務/飯田