X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

世界に一台しかない仕上げ台

こんにちは!連日のアイロンです。基本的に職人が引退した後の今では、アイロン作業は、女性主体で流れ作業を組むことになります。平台がそれ程の技術を持たなくても仕上げ代の種類を変えて部分仕上げの組み合わせで完成させていきます。袖を仕上げる人、ポケットパーツを仕上げる人、本仕上げで襟を仕上げる人等etc...効率を考慮すれば、その部分仕上げをできるだけ大きな面積にアイロンをかけられればそれに越したことはない。そ...

2015
31

職人いらずの人体プレス

こんばんは!一昨日の品表つけ久々のミシン作業に入ることになるかと思いきや、アイロン作業がたまりにたまり、結局はミシンは外注さんにお願いすることになりました。この頃では、色止めばかりやっているので、自分にカンフル剤を打つためにもいい機会だと思っていたのですが・・・朝一は、トレンチコートの人体プレスのレクチャー今までのように一点一点アイロンですべてなめていたら、とてもじゃないが間に合う量じゃない。しか...

2015
28

防シワ性向上とシワ回復力の改善

こんばんは!生地が着用時にシワになりすぎて困る!ということで商品を店頭から引上げなくてはならないお客様からお問い合わせを頂きました。お話をしているうちにあれこれとアイデアが出てきたものの、繊維に関する加工はとにかくやってみなければわからないことが実に多いので、とりあえずドライに入れてみましょうということになりました。すると、加工後のものが柔らかくなりこれだけでも行けるのではないか?というのは、繊維...

2015
27

昔取った杵柄

こんばんは!品表付けのミシン仕事を安請け合いしてしまったが、現場に挟み込むことが難しそうなほどミシン場が混んでいる。昔、取った杵柄ミシンが空いてさえいれば、自分が入るつもりだが・・・品表付けぐらいは、誰でもできるようじゃなきゃダメですな~三時間で800枚ぐらいを付けた覚えがある糸のセットなどは、縫製班に頼んであとはグングングングンカシュコン!・・・と、うまくいけばいいのだけれど、なにせ十数年も前に...

2015
26

つん読

こんばんは!今年の手帳に毎朝1時間の読書をスケジュールとして書き込んであります。早速昨日、すっぽかしてしまいました。休みの日には、繊維製品品質管理士の勉強でほとんどの時間を使ってしまうので、平日の朝でなければ本が読めない。これまでも、この手の300ページ級の集客のための本を20冊以上読んできました。そして先週、手帳のスケに気負って、アマゾンで分厚い本を4冊買って、一冊読み終わったところで昨日の寝坊...

2015
22

後染めジャケットのアイロンプレス

こんばんは!今日は一日アイロン後染めのジャケットのプレス染めるときに温度がかかっているからシワがきついのなんのって簡単には伸びてくれないまぁ、風合いも残さなければいけないので完全に伸ばしてはいけないのですが・・・アイロンの前に人体プレスが入っているおかげでずいぶんと楽になってはいるものの、縫い代の噛みこみなどをアイロンのエッジを使って中へ中へと押し込んでいかないと、上から押しつぶして余計にシワをひ...

2015
21

なるか!カシミヤストールの湿摩擦1-2を改善

こんばんは!今日は、カシミヤのストールの堅牢度が悪いものをお預かりしました。いつものドライでは改善せず再びドライこれもダメかくなる上は、ウールの堅牢度向上剤を使うしかない成分は、多価フェノール・ホルムアルデヒド縮合物誘導体、酢酸、硫酸pH2手についたらヤバイやつです。酸性染料で染色されていることが予測されるので、こういった酸が強い薬を使うことになります。ペーハーが2クラスのものは強酸に分類されるので...

2015
20

ネオアイヤンマン

こんばんは!アイロン職人たちを昨年の暮れに引退させました。自分の父親ほどの年齢になった彼らにいつまでも頼っていてはいけないと考えてのことです。よく頑張ってくれた。心より感謝しています。忘年会を最後に、みんなで別れを告げました。これで、アイロンは当然ながら現在いるメンバーでこなさなければならなくなりました。しかるに、アイロン現場をよ~く観察しなければなりません。古来の職人芸なるものをわたしから受け継...

2015
19

捨てるに捨てられない、チューインガムが付いた服がタンスで眠っていませんか?

こんばんは!上は作業着にガムが付いてしまい一度取ろうとしてかえって取れずらくなったものです。ガムが付いてしまったときには、トリクロロエチレンという薬品を使い、薄地の生地で写し取っていきます。いっぺんに取れるわけではなく、地道にはがし取っていきますが、大切な事は表面からではなくガムの付いている部分の裏側からガンでトリクロを強めに吹き付けて打ち貫くように繊維から引きはがすのがセオリー。当たり前のことで...

2015
16

奇跡の顔料湿摩擦堅牢度半級上げ

こんばんは!ずーっと検査に出していた黒の帆布がようやく2級に到達しました。5回の試験出しでした。お客様の喜ぶお顔が浮かぶようです。この製品は、85℃の水温で再移染防止剤と強アルカリ洗剤、重曹を使って20分の弱洗浄の後、シリコンソフターを入れた水温50℃に入れて浸漬、撹拌、脱水、それからフッ素樹脂加工剤に再び浸漬、そして弱温乾燥。相当強く色を出すために濃く色付けがしてある顔料なので、洗浄だけでは対処で...

2015
15

セルロース繊維の堅牢度向上

こんばんは!先ほど、三件分の生地検査結果の速報値が来ました。結果からいうと、一勝二敗先日から、むきになっている黒の帆布はやはり1-2級のままで改善されず、耐光堅牢度検査のグレーの生地は3級未満でアウト唯一、劇的に向上したのはレーヨン70ナイロン30の乾湿堅牢度。乾で2級、湿で1級も改善しました。センカという薬品会社にセルロース繊維専用の堅牢度向上剤を頼んでおいたのでそれでテストしてみたらビンゴ!!こ...

2015
14

PIJの使命

こんばんは!今日も二件のお客様がお見えになりました。やはり色止めでお困りで、一つはSK、そしてもう一つはブリーフどちらもワンドライでは改善せず、二度目のドライを明日チャレンジします。これで改善できないと、お客様の負担が大きくなってしまう。ちなみに、ドライで改善しない場合は、薬を使って水洗機で高温処理をすることになります。そうなると、水にぬれた生地は乾燥機の中でくしゃくしゃになり、プレスも非常に難易...

2015
13

350の気づき

こんにちは!毎週提出する書類が作られました。られましたって言っても私が決めたんですけど先週知らなかったことで今週わかったことは何ですか?7つの項目でこの質問に答えてもらうものです。その仕事について振り返ったり、どうしてそういうやり方をしたのかということを書留めることでもしなければ、日々の時間だけが流れて行くだけで、あまりにももったいない時間の使い方だと思うのです。せっかく、仕事をするなら次回来るで...

2015
10

顔料でも、あきらめない!!

こんばんは!ここ数日、バッグの色止めをしています。赤は三度目の試験機関への提出で何とか堅牢度を半級あげることができました。問題は黒。まったく上がってこない!何をやっても1-2級のまま。ドライのテストでも顔料が解け出してくれなかったので、これは手ごわいとは思っていましたが、ここまでとは・・・60℃の温水で再移染防止剤を使っても、75℃でも、85℃でもダメ業を煮やして、石油系でも使えるシリコン樹脂でコーティ...

2015
07

本邦初公開!!ソーピングビフォーアフター衝撃画像

こんばんは!今日は、ドライソーピングによって繊維がどのように変化しているかについてご説明したいと思います。下の写真はソーピング前の繊維の200倍拡大画像です。電子顕微鏡による拡大ですが、生地の精錬行程で十分に処理されていないのか、それともポリウレタンだけが染まり切っていないのか、色粉の一部と特定の繊維が紫色に見えています。この商品はグレー色の商品ですのでグレー色を出すためにこれだけ複数の色が使われて...

2015
05