X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

リフレーミング  ~マーケティングの極意~

今日も一日、お疲れ様です!クリーニング業者にいた人たちが、次の職場としてふさわしいかどうかを確かめに来社されました。そういっても、値踏みしに来たわけでもなく、ずーっとクリーニング業界にいた人たちだから不安でたまらないのだと思います。そもそも、私たちがプレス屋と呼んでいる会社社長はクリーニング業界から鞍替えした人たちが多い。洗ってから仕上げる、の【仕上げ】だけを生業にした人たちがプレス屋と呼ばれるよ...

2015
27

オンリーワン

こんばんは!高級ブラウスの色止めをソーピングをしているところです。グレーの薄地のBLですが、5枚も入れればドライ溶剤がコユーい紫色に。この時点で品表やサイズネームもうっすらと色が染まってしまいます。あんなに濃い溶剤の中で回っているのだから当たり前。ではどうするか?三浴式を使います。一台目が終わったら、二台目に移してすすぎをする。この時には、黄色が少し出てきて薄いグリーン色に溶剤の色が変わってきます...

2015
18

本邦初公開!!ソーピングビフォーアフター衝撃画像

こんばんは!今日は、ドライソーピングによって繊維がどのように変化しているかについてご説明したいと思います。下の写真はソーピング前の繊維の200倍拡大画像です。電子顕微鏡による拡大ですが、生地の精錬行程で十分に処理されていないのか、それともポリウレタンだけが染まり切っていないのか、色粉の一部と特定の繊維が紫色に見えています。この商品はグレー色の商品ですのでグレー色を出すためにこれだけ複数の色が使われて...

2015
05

恐怖の黄色

こんばんは!もう十日もドライソーピングをしています。次から次と順番待ちをしてもらっている様な状態です。ところで、色の中には簡単に濾過できる色とそうでない色がある。一番早く濾過できるのが青その証拠にソーピングをしていると青い色が出て、その後一時間もするとその色が薄くなってくる。フィルターとカーボンが効いている証拠です。しかし、黄色が出てしまったらアウト!!来る日も来る日も濾過するポンプを回しっぱなし...

2014
11

ドライソーピング専用機がまた増えます!!

こんばんは!少し落ち着いてきた感じでしょうか。それでも、連日のように新規のお問い合わせを頂いていますが、来ない日がないと言う位連日の色止めのご依頼。すべてと言う訳ではありませんが、ソーピング不足がたいていの理由です。ドライ機は、溶剤が毎日ムラサキ色。まさに、赤ワインの色になってます。ロゼじゃないですよ。赤です。二時間ほど、休ませなければ溶剤がきれいになってくれない。染料をろ過してくれるフィルターと...

2014
06

色落ちでお困りではないですか?

こんにちは!移染する製品の約7割は低コストなドライーソーピングで改善するって知ってましたか?風合いが変わったりしませんから、まずドライソーピングしてみたらいかがですか?高価なフィックス剤や化学変化による色止めはそれからでも遅くありません!移染や色落ちで問題になる多くの物は、染色工程の中で十分な精練が出来ていない事が原因です。最近では、中国現地で染色された物や韓国の市場等で調達された生地で製品を作っ...

2014
23

ケチでせっかちで小心者の設備投資論

こんばんは!ようやくキャンバス地のバッグのソーピングが終わりました。弊社のドライ機は、カラーソーピング専用のものです。したがって、機械そのものはクリーニング屋さんのものと同じですが、中古の外置きのカーボンフィルターを追加して染料をより多く濾過できるように改造しています。こうすることで、ソーピングする能力を倍増できる。そして、運よく出てきた中古の同じセッティングの物をもう一台設置しています。つまり二...

2014
05

キャンバス地バッグのドライソーピング

こんばんは!先週の土曜日は江戸川花火大会、それと私の誕生日でもありました。自社の屋上から望む花火は格別です!今年は食材も豊富で満腹その後もカラオケで盛り上がりいい51歳を迎える事が出来ました。昨日は二日酔いで死んでおりましたが・・・一夜明けた今日は、シミ抜きとバッグのドライソーピングで一日終わってしまった。キャンバス地の赤いバッグをドライ機に入れるとドライ溶剤は瞬く間にオレンジ色に。ざっと、140...

2014
04

シルクのJK全面のチャコ落とし

こんばんは!シルクのJKのチャコ落としハンド刺繍が全面に施してあり、それをするために下書きをチャコで書いてあるものです。部分でシミ抜きをするには面積が大きすぎて、時間とコストが合わなくなってしまうので、丸ごとドライソーピングする事にしました。ですが・・・シルク特有の染色の弱さが裏目に出る可能性がある。長い時間石油溶剤に入れるのは得策ではない。ここで活躍するのが、前処理その前処理もシルクに優しいもの...

2014
18

心配なのは今月?

こんばんは!月末の余韻を残したままの月初この6月は手が空く事もなく終える事が出来た様です。洗い関係も去年の12月に導入した水洗機が大活躍ドライ機も色止めソーピングのご依頼に合わせて一台新調したのが大正解ですな~さー問題はこの7月閑散期?なんて事にならなければいいのですが・・・・消費増税の年だけに規則性が通常とはちょっと違う4~5月のへこんだ分をとりもどすぞ!...

2014
01

強アルカリソーピング

こんばんは!強アルカリ洗剤で作業着やワイシャツの洗いをしていました。この洗剤は、色止めソーピングにも重宝しているものです。作業着については、油汚れもひどいので前処理をして油泥を落としてからでないと、いきなり水処理をすると汚れは落ちません。ドライ機にいれて10分程洗浄まだまだ汚い状態だが、ここで一旦脱水(脱液)低温タンブラーで乾燥させてしまいます。この時に、タンブラー内部を汚したくないので目の細かい...

2014
18

道具フェチ

こんばんは!次回は、色止めの最中にドライ機がどんな事になっているかをお見せします。と言いましたが、予定が狂って色止め作業に入れませんでした。というのも、アイロンがずいぶん押してしまって一日中入る事になってしまい・・・そんな訳で、色止めのドライはまた後日。アイロンプレスには、奥が深いところがあり、世に言うコテという道具を使う仕事と共通点があります。たとえば、左官屋さん。コテのエッジを使って塗り込むし...

2014
07

機械を複数用意する訳

おはようございます!現在、ソーピング→色泣き修正→ソーピングが繰り返し進行中です。ボーダーなので、どうしても白抜きの部分に色がにじむ。ソーピング後に検品してにじんだ部分にK-1を滲みこませて放置すること30分そして、再びドライに入れます。この時点で、完全ににじみが取れるのが約95%。再び検品をして、検出された2~3枚にK-1を施します。いわゆる、三段階のふるいにかけて、A品率を100%にしていくわけです。...

2014
19

商売の病

おはようございます!ドライクリーニングの機械の設備を再構築し始めました。壁伝いにダクトを這わせて屋上まで伸ばす工事が入ってます。なぜこのような工事をしなければいけないのかと言うと、ドライ機を使うと石油系溶剤を使う事になります。そしてドライクリーニングをした後、乾燥機に入れると石油系溶剤が揮発します。揮発した匂いは結構強いので、近所迷惑になったり、はたまた弊社の中で作業をしている商材に匂いが付いてし...

2013
28

どうでもいい雑学!?

こんばんは!今日の作業は、BLのボタン付け一着11個が50着、シャツの検品が400、マフラーのプレスが300、CSのタタミ、検針が2050、CSのプルオーバーとシャツのプレスが250、ドライクリーニングとそのまとめが60、進行してきました。ネタがないので、何かで読んだ雑学を。1982年の皐月賞で、出走馬「アカネジローマル」は3コーナーを回ったところで突然走るのをやめ、散りゆく桜を眺めていた。ナポレ...

2011
30