X線検針・検品・色止めのPIJ社員ブログ

X線検針・検品・色止め・品質表示作成・プレス・補修・下げ札付・たたみ袋入れ等の流通加工会社の社員ブログ

二浪はご免だ!

 飯田雅章本社マーケティング室よりTESの事例問題集をひたすら解いています。一年前も同じ事をしていたけれど、なぜかこの教科だけが不合格だった毎日お客様から問い合わせを頂いてそれを解決するべく調べ物に勤しみ必要な薬剤を調達する。すでに出ている検査結果から何が欠けていて何が余分なのかを推測する水処理から入るべきか、はたまた油処理からか・・・ 汗堅牢度では、アルカリが悪いのか、酸に弱いのか?ブリ...

2016
05

リフレーミング  ~マーケティングの極意~

今日も一日、お疲れ様です!クリーニング業者にいた人たちが、次の職場としてふさわしいかどうかを確かめに来社されました。そういっても、値踏みしに来たわけでもなく、ずーっとクリーニング業界にいた人たちだから不安でたまらないのだと思います。そもそも、私たちがプレス屋と呼んでいる会社社長はクリーニング業界から鞍替えした人たちが多い。洗ってから仕上げる、の【仕上げ】だけを生業にした人たちがプレス屋と呼ばれるよ...

2015
27

オンリーワン

こんばんは!高級ブラウスの色止めをソーピングをしているところです。グレーの薄地のBLですが、5枚も入れればドライ溶剤がコユーい紫色に。この時点で品表やサイズネームもうっすらと色が染まってしまいます。あんなに濃い溶剤の中で回っているのだから当たり前。ではどうするか?三浴式を使います。一台目が終わったら、二台目に移してすすぎをする。この時には、黄色が少し出てきて薄いグリーン色に溶剤の色が変わってきます...

2015
18

帽子の汗止めの色止め

こんばんは!忙しくって更新する暇がなかった忙しいことはいいけれど、こんな稚拙な文章でも私の作業の内容を知って問い合わせを頂くお客様も少なくはないのです。現にある商社様は、お困りごとを解決したくてPCで検索していたら私のこのブログに行きついたとか!まさにこの会社だ!と思ったそうです。天下の財閥系商社ですよ。そんなに平身低頭にお越しいただかなくてもこちらはウエルカムなのに。だいたいこれまでに700ペー...

2015
16

猜疑心

こんばんは!昨日の精神状態から一転帽子の汗止めの湿摩擦検査の結果が出ました。4-5級と3級で合格。この一回で頭の中がALL CLEARお客様にどんなふうに加工したのかを聞かれ、得意気に話す私。お客様のお礼のお言葉に「それは何よりでございました」の後には、バルクのスケジュールの話。一階の洗い記録帳に加工方法は記録してあるので、その気になれば誰でもできる。薬の投入以外は、すべて機械がやるのだから。ただ...

2015
03

7±2の法則

こんばんは!忙しすぎてブログのネタがない忙しいのならあるはずだ!という声が聞こえてきそうだが、頭の中がとっ散らかっていて文章らしいものが書けない。数々のお客様の各種堅牢度向上がうまくいったりいかなかったり。それも、複合的な堅牢度向上を求められれば一つの生地に4つも5つも項目が枝分かれして行く。耐光堅牢度を上げれば塩素堅牢度や汗堅牢度が元の数値より下がったりする。薬の順番を間違えれば、やぶ蛇になるの...

2015
02

顔料でも、あきらめない!!

こんばんは!ここ数日、バッグの色止めをしています。赤は三度目の試験機関への提出で何とか堅牢度を半級あげることができました。問題は黒。まったく上がってこない!何をやっても1-2級のまま。ドライのテストでも顔料が解け出してくれなかったので、これは手ごわいとは思っていましたが、ここまでとは・・・60℃の温水で再移染防止剤を使っても、75℃でも、85℃でもダメ業を煮やして、石油系でも使えるシリコン樹脂でコーティ...

2015
07

本邦初公開!!ソーピングビフォーアフター衝撃画像

こんばんは!今日は、ドライソーピングによって繊維がどのように変化しているかについてご説明したいと思います。下の写真はソーピング前の繊維の200倍拡大画像です。電子顕微鏡による拡大ですが、生地の精錬行程で十分に処理されていないのか、それともポリウレタンだけが染まり切っていないのか、色粉の一部と特定の繊維が紫色に見えています。この商品はグレー色の商品ですのでグレー色を出すためにこれだけ複数の色が使われて...

2015
05

機械の気持ち

こんばんは!ようやく、色止めが落ちつきました。ここで楽をしているととんでもないしっぺ返しが待っています。だから、今の内にフィルターやカーボンを交換して置いて、きたるべく次の波に備えておく方がよさそう。そんなわけで、今日は手を真黒にしながらドライ機のメンテナンスをしていました。フィルターは細かい繊維と染料がビッシリ着いていて、元の重さの二倍ほどになっていました。カーボンも染料を吸着して膨潤していて、...

2014
22

ソーピング溶剤のメンテナンス

こんばんは!ブランドネームの付け替え、CT1000枚の検品、プレス、サンタクロースのコスチュームの検品、スカート、CT、ゴルフウェアの色止め。全て同時進行です。偶然にも赤系統の色止めが重なって、ドライ溶剤は真赤っか。青系統はカーボンやフィルターが濾過するのが速いけど、赤は少々時間がかかる。ドライ機のモニターの役割をしている小さな窓ガラスは赤信号の様こんな時のために、大きな毛布や白い5メートルの綿布...

2014
18

恐怖の黄色

こんばんは!もう十日もドライソーピングをしています。次から次と順番待ちをしてもらっている様な状態です。ところで、色の中には簡単に濾過できる色とそうでない色がある。一番早く濾過できるのが青その証拠にソーピングをしていると青い色が出て、その後一時間もするとその色が薄くなってくる。フィルターとカーボンが効いている証拠です。しかし、黄色が出てしまったらアウト!!来る日も来る日も濾過するポンプを回しっぱなし...

2014
11

ドライソーピング専用機がまた増えます!!

こんばんは!少し落ち着いてきた感じでしょうか。それでも、連日のように新規のお問い合わせを頂いていますが、来ない日がないと言う位連日の色止めのご依頼。すべてと言う訳ではありませんが、ソーピング不足がたいていの理由です。ドライ機は、溶剤が毎日ムラサキ色。まさに、赤ワインの色になってます。ロゼじゃないですよ。赤です。二時間ほど、休ませなければ溶剤がきれいになってくれない。染料をろ過してくれるフィルターと...

2014
06

色落ちでお困りではないですか?

こんにちは!移染する製品の約7割は低コストなドライーソーピングで改善するって知ってましたか?風合いが変わったりしませんから、まずドライソーピングしてみたらいかがですか?高価なフィックス剤や化学変化による色止めはそれからでも遅くありません!移染や色落ちで問題になる多くの物は、染色工程の中で十分な精練が出来ていない事が原因です。最近では、中国現地で染色された物や韓国の市場等で調達された生地で製品を作っ...

2014
23

失敗は成功のもと!?~だから、人生はもがき苦しむ方がいい~

こんばんは!山の様な調べものと、書類の更新が多くて全くブログの更新ができませんでした。とは言っても、一杯やる時間を削ればいいのですが・・・色止めのお問い合わせが連日のように続いています。最近では、自分で色止めをした生地をこすって、堅牢度が何級なのかがわかる様になってきました。因みに、先週から手掛けている下着の色止め、ソーピングでは、全部で5通りの方法を試験して、結局は色が止まらず、薬品会社さんにま...

2014
16

吝かでない!

こんばんは!今度は、カットソーのSKの色止めのご依頼が来ています。染料が何なのかがわからないのが残念ですが、ひとまずはドライソーピングで余分な染料を落として再検査用をお持ち帰り頂きました。日本工業規格の中に、【繊維製品染色の染料部族の判定方法】というのがあって、たくさんの薬品や加熱する等の方法で化学反応を含めた判定方法があります。これを、完全にマスター出来ればお客様に的確な色止めやソーピングをご提...

2014
06

ケチでせっかちで小心者の設備投資論

こんばんは!ようやくキャンバス地のバッグのソーピングが終わりました。弊社のドライ機は、カラーソーピング専用のものです。したがって、機械そのものはクリーニング屋さんのものと同じですが、中古の外置きのカーボンフィルターを追加して染料をより多く濾過できるように改造しています。こうすることで、ソーピングする能力を倍増できる。そして、運よく出てきた中古の同じセッティングの物をもう一台設置しています。つまり二...

2014
05

キャンバス地バッグのドライソーピング

こんばんは!先週の土曜日は江戸川花火大会、それと私の誕生日でもありました。自社の屋上から望む花火は格別です!今年は食材も豊富で満腹その後もカラオケで盛り上がりいい51歳を迎える事が出来ました。昨日は二日酔いで死んでおりましたが・・・一夜明けた今日は、シミ抜きとバッグのドライソーピングで一日終わってしまった。キャンバス地の赤いバッグをドライ機に入れるとドライ溶剤は瞬く間にオレンジ色に。ざっと、140...

2014
04

PIJが存在するわけがわかる記事

こんばんは !残業中ですので、今日は興味深い記事を投稿します。繊研新聞よりだから、うちが必要なのです。特筆すべきは、二位の染色堅牢度今日のお客様も、色止めでいらして頂きました。...

2014
15

心配なのは今月?

こんばんは!月末の余韻を残したままの月初この6月は手が空く事もなく終える事が出来た様です。洗い関係も去年の12月に導入した水洗機が大活躍ドライ機も色止めソーピングのご依頼に合わせて一台新調したのが大正解ですな~さー問題はこの7月閑散期?なんて事にならなければいいのですが・・・・消費増税の年だけに規則性が通常とはちょっと違う4~5月のへこんだ分をとりもどすぞ!...

2014
01

ビビリが原因

こんばんは!昨日までの疑問がようやくわかってきました。クリーニング業を営んでる大先輩に相談をしたところ、あの不自然な黄変は入れられていたプロポリピレンに含まれる酸化防止剤BHT(ブチル・ヒドロキシ・トルエン)という物質ではないかという事。この物質がもともと先着している蛍光増白剤と反応して黄ばみを形成している。確かに出来得る事は全てやった後なので、これが原因であればひとまず納得する事が出来る。具体的に...

2014
28

サンプル一枚に8時間

こんばんは!パンツのサンプル一枚のドライソーピング、シミ抜き、水洗、これだけで一日終わってしまった。縫い代が黄ばんでいるのを除去するのが目的。これがどうも通常の黄変ではない。単なる黄変なら一日中かかるようなもんじゃない。どうやら、縫い糸に何かが施されているのか、黄ばみの範囲が特定の場所だけに限られている。アンモニア水を使って部分テストしてみると縫い代部分がピンク色に変わる。ごく一部の糊がアンモニア...

2014
26

強アルカリソーピング

こんばんは!強アルカリ洗剤で作業着やワイシャツの洗いをしていました。この洗剤は、色止めソーピングにも重宝しているものです。作業着については、油汚れもひどいので前処理をして油泥を落としてからでないと、いきなり水処理をすると汚れは落ちません。ドライ機にいれて10分程洗浄まだまだ汚い状態だが、ここで一旦脱水(脱液)低温タンブラーで乾燥させてしまいます。この時に、タンブラー内部を汚したくないので目の細かい...

2014
18

染色問題続発 ~ドライソーピング機、追加しました!~

こんばんは!生地検査に出すにあたって、検査の前の検査をして欲しい、というお問い合わせを頂きました。受験のための塾に入る試験みたいな・・・生地に関して本当に疑義を持ち始めている傾向がこのところ特に目立ちます。業界に名だたる生地検査機関が数多くあり、そこの試験に合格しないと納品が出来ないように、生地の各項目ごとに等級が決められている訳ですが、後一級がどこかしらの項目で引っかかってしまう。これが、耐光堅...

2014
09

トートバッグの移染防止ソーピング

こんばんは!今度は赤いトートバッグが同じ型の白に移染してしまう物のソーピングのご依頼を頂きました。白のバッグには、赤い染料がこすれたようについている。店頭で重ねて陳列していたらこうなっていたそうです。前処理剤を移染部分に塗布して、ネットに入れてドライのスイング洗浄をセット。このスイングというのが、ポイント!ポリエステル製とはいえ、マチを広くとっている物なので、型崩れしやすい。何より、ドライの内部で...

2014
05

染料と闘う

こんばんは!今日は一日中水洗機とドライ機の前にいました。界面活性剤と再汚染防止剤の調合とその効果の検証、ドライ溶剤によるソーピングの不足をどのようにしてす水洗でカバーするかの検証。昨日の記事ではないけれど、お客様が求めていらっしゃる事が重なっているので、交互に結果を出さなくてなならない。O.W.Fon weight of fiber繊維の重さに対して入れる薬剤の量を表す単位です。一着の重さを計り、それがワンタンブラ...

2014
02

いいことは格上げだけではありません!

こんばんは!シミ抜きと、ソーピング、色止めが交互で進行しています。今まで時間がかかっていたシミ抜きも、手順通りに進めれば、これまでの半分の時間で終わらせる事が出来るようになってきました。ソーピングも溶剤の管理をしっかりしていれば何を入れても機械がやってくれる。色止めは素材に適した逆移染防止剤と洗剤の混合率を正確に計ってカップに入れておけば後は時間設定をしてあれば勝手に時間が来るとカップがひっくり返...

2014
24

恐るべし、K-1

こんばんは!現在、百数十枚の色止めのご依頼を頂いています。この作業自体は、ドライでソーピングすればいいのですが、この商品を着用した事によって移染してしまった物を直してほしいというのも一着送られてきいました。白地のBLの上から着ていたらしく前立てや袖の上の方や脇にこすりつけたように色が移っています。これに前処理のK-1という溶剤を掛けます。今回は面積が広いので拡散性の強いスプレーを使いました。すると...

2014
04

設備の効果測定

こんばんは!洗いの作業の訴求がここにきて効いてきました。春先には洗い加工が多くなる。普通の洗い加工からホルマリン除去、バイオ加工、色止めドライまで。これだけのコンテンツが増えると今度は機械が足りない様な気になってしまう。ぜいたくなもんですな~そう言いながら、すでに乾燥機2台とドライ機1台は手配済み。あとは、持ってきて!というだけなのですが、もう少し様子を見る事にします。なんと言っても、この工場に移...

2014
06

機械を複数用意する訳

おはようございます!現在、ソーピング→色泣き修正→ソーピングが繰り返し進行中です。ボーダーなので、どうしても白抜きの部分に色がにじむ。ソーピング後に検品してにじんだ部分にK-1を滲みこませて放置すること30分そして、再びドライに入れます。この時点で、完全ににじみが取れるのが約95%。再び検品をして、検出された2~3枚にK-1を施します。いわゆる、三段階のふるいにかけて、A品率を100%にしていくわけです。...

2014
19

シミ抜き前処理も人海戦術

こんばんは!二日間のお休みを頂いておりました。とはいっても、二日ともLEDライトの工事で会社を開けに来ていましたが。雪のおかげで休み中に荷受けするはずの物が着荷せず、結局は今日から始まったボーダーのソーピング・色止め。ものによっては、染料が違うのか、それとも芯地やテープが悪いのか、衿のノッチやボタンホールに色泣きが・・・製造工程があやふやだと後の処理に一貫性を持たせる事が非常に難しくなる。泣いた色...

2014
17